離婚協議書の作成方法

| 未分類 |

離婚をするときは離婚協議書を必ず作るものだとお考えください。ピカピカ02

この書類を作成することは将来に向けての契約書のような意味合いがあります。

離婚というのはやはり、男女間の事柄です。多少なりとも感情的な部分もあります。

見栄を張ったり、頑固になっているときに口約束で将来のことを決めるのはリスクが大きいです。

さらに、現状と将来ではお互いの経済状況も変わってくる可能性があります。

書面の内容としては財産分与などお金の話が主だった内容になります。

どういう風に書けばよいかは弁護士などの法律の専門家に聞くのもよいですし、ネットで検索すれば書き方の参考例がお分かりになると思います。

さらにこの協議書は作らなければなりませんが、いざ、協議書内で約束された事柄が行われなかった場合。裁判に持ち込む必要があるなど、絶対的な効力がありません。

そういったことに備えて、公正証書というのをと作っておくと強制力があり、裁判などの面倒な手間も省けますので、お勧めします。

こういった書類は人生の中で何度も書くものではないので、詳しい執筆方法を知っている人は周りにほとんどいないでしょう。

ネットなどの書式は参考までにとどめて、専門家に任せるのが最善です。

なぜなら個々の状況によって内容に差異があるからです。

あなたの不利にならぬよう、今後の人生を左右する書類です。

慎重に検討されることをお勧めいたします。